ブログネタ
【公式】暑い夏におすすめの食べ物 に参加中!
スペインでの昔話その6~
マラガには前回紹介した Atarazanas(アタラサナス)の他にもいくつか市場があって、その中のひとつHuelin(ウエリン)はNT馴染みの市場。というのも この市場の近くにNT行きつけの美容室があったからだす~♪

NTが長野で暮らすようになって最初の10年程は、自分に合う美容室と出会えへんで困ってました😕何回もやり直しさせられて美容師さんも嫌やったやろけど、NTの方もうんざり。仕方なく自分でカットする日々が続いて・・・
そんな長野の美容室では意思の疎通が出来ひんNTやったけど、何故かスペインの美容室では下手くそなスペイン語にも拘わらず美容師さんはNTがどんなヘアスタイルにしたいかスグに理解してくれはって!以来スペイン滞在中は必ず2~3回ウエリン市場近くの美容室に通うようになりましてんわ♪昔はシャンプー・カット・ブローで500円以下やったなぁ。そうそうスペイン(多分ヨーロッパ全域)では美容院でもチップが必要。NT一番最初行った時はそれを知らんかったんで、チップも出さへん無粋な客になってしもて・・・😓それを挽回すべく、2回目行った際にはチョコレートを手土産に「これは前回のチップ忘れの分」って渡しときました~ホンマ良ぉしてくれるお姉ちゃん美容師さんやったしね、NTも義務と違ごて心からのチップを渡したかったんだす💕

この美容室は近所のおばちゃま御用達のお店で、いつ行っても2~3人のセニョーラ(=スペイン語で奥さん)がセットに来たはりました。皆さん髪の毛を目一杯逆立ててボリュームのあるヘアスタイルをご所望。仕上げはヘアスプレーでガチガチに固めるっていうのが当時の流行りやったな(笑)
そんな常連セニョーラのひとりは明らかに毛色の違うNTの存在が気になって仕方なかったんやろね「アジア人の髪の毛をカットするのって嫌じゃない?」って美容師さんに訊かはったんだす。美容師さんはNTへの配慮かもしれへんけど「世界には違う髪質の人達が居て、それをカットするのは勉強にもなるし楽しぃわ」というような事を答えはりました。訊いたセニョーラも別にアジア人蔑視とか差別的な意味で質問しはったんと違うと思う。只単に興味津々で訊かずにはいられへん、世界共通詮索好きおばちゃんのひとりやっただけやろね😉

NT、バルセロナの美容室の会員証も持ってたよん(←もう捨ててないけど)こっちの美容室ではカットの際、大きめの掃除機みたいなもんを近くに置いて、カットした髪の毛を全部その掃除機に吸い取らせたはった。そやし髪の毛が衣服に付いたり床に全然落ちたりせぇへんねん。今やったら何処の美容室でもその手の機器使こたはるかもしれんけど、四半世紀前のバルセロナことやしね、その合理的&画期的なやり方にNTはメッチャ感動やった🤩
  

今日の食パンもん「焼き鳥」
つくね団子の串を刺す位置を間違えてた😅
明日の分の食パンがないし買い物に行かなあかん上、雷雨の予報も出てたんで時間勝負。ダッシュで作って、写真撮った後のチェックをする暇もなくスーパーへGo💨いつもの言い訳ですけどそんなんやったし大目に見たってちょ😙
DSCF0824 (2)
↓【制作工程】
制作工程 (1)
↑極細竹串で彫描き&太竹串とスプーンで形成
制作工程 (2)
↑ブレンディエスプレッソ・山ごぼう漬け汁・ビーツ汁・グリーンスムージーの素で色付け
コーヒー394X547 (1)山ごぼうビーツグリーンスムージーの素
制作工程 (3)
↑艶出しのマヨネーズを塗る
↓濃いブレンディエスプレッソで焼き色を入れ
DSCF0793 (2)
制作工程 (4)
↑裏面
↓つくねに串(本物)を刺して完成
DSCF0814 (2)